障がいのある方を理解し、支援するために






[2] 障がい者との交流

投稿者: 管理人  投稿日:2018年12月17日(月)08時42分8秒 KD119106224169.ppp-bb.dion.ne.jp  返信

表題にある通り、障がいのある方を理解して普段着の対応でお話や交流ができるようになるために、まず知っておかなければならない基本的なこととして、「障がい」の言葉の呼称について記述します。
ここで当初から記述している「障がいのある方」とは、障がいのある方全般を個人的に指すときの呼び方ですが、それでは呼び方としてただ単に「障がい者」ではいけないのかというと、それでも間違いではないのですが、その際もっとも気をつけなければならない点が、「障がい者」の言葉を口にするときの意識の有り様です。つまり悪気がなくても何も意識することなく、「誰々は障がい者だから一人前のことはできない」とか、特に精神的に障がいのある方に偏見をもってしまうことでしょう。

障がいの種類には、知的、精神、身体の三つがありますが、通念的な観点からみると、一般の人々が対応の仕方が解らないのが知的障がいのある方に対してだと思います。身体に障がいがある方の場合はその内容や程度にもよると思いますが、例えば、先天的な機能障がいや視覚、聴覚に重大な障がいがあったとしても何らかの方法で対応しようと考えるはずです。ですから、この二つの障がいに対してはその方法が解らなくても当初から極通常の意識で対応できると思います。それでは精神障がいのある方につてはどうでしょうか。

この設問に対するご意見を求めたいと思います。

私たちの周囲に結構多い障がいのある方のなかで、特に意識しなくても極普通にお話ができお付き合いできるのが、後天的な身体障害のある方でしょう。
後天的障がいのなかで最も多いのが、ある程度の年齢に達した後に突然訪れる脳梗塞による後遺症となる運動機能障害だと思われますが、この障がいのある方についてもどのような対応をしているか、また自分が突然に脳梗塞による運動機能障害に見舞われたとしたらどうするか等についてもご意見を求めたいと思います。


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.