新着順:8/47 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サコージュ

 投稿者:shigako  投稿日:2016年 6月22日(水)15時16分39秒
  通報 返信・引用
    最近「サコージュ」と言う言葉を聞きますが、サービス付き・高齢者向け・住宅のことを略した言葉です。バリアフリー、一定の面積と設備を有し、安否確認と生活相談が出来る賃貸住宅を「サ高住」と呼ぶのだそうです。

 名古屋柳橋交差点近くの不動産屋さんのドアに張られた広告をみると、7畳半一部屋に風呂、トイレ、洗面台、流し台押入付きで、名古屋駅から徒歩10分、1ヶ月3万6千5百円の「サコージュ」がありました。

 ただし、家賃のみで、共益費、生活支援費、食費、健康維持費などは別途に必要のようで、月額13万円から15万円が必要のようです。

 また、サコージュは介護保険サービスが付いているわけではなく、介護が必要になれば別にケアマネや介護サービス会社と契約が必要のようです。

 特養へは待機が長く、有料老人ホームは高額で入れず、国の支援を受けて「サコージュ」が流行していますが、この事業は国土交通省管轄で、いろいろな産業が参入していて、補助金や税制優遇が行われ、今がピーク、この10年間で目標の60万戸まで達したいとか・・・・・。

 ただし施設を増やしても、やがて高齢者は減って人口減少時代がきます。施設が余って困る時代も想定され、転用を考えた「サコージュ」が求められます。

 「介護漬け」「囲い込み」など、関係法令に触れる業者もいて、施設を推進する国土交通省と、関係する厚生労働省の調整が不可欠です。運営事業者の利益優先が問題となっているようですが、利用者の利便性を優先させるべきです。
 
》記事一覧表示

新着順:8/47 《前のページ | 次のページ》
/47