新着順:6/47 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高齢者の年金

 投稿者:shigako  投稿日:2017年 5月 8日(月)13時14分42秒
  通報 返信・引用
   一般的に「年金」は、国民年金、厚生年金、共済年金の3種類がありました。保険料を25年以上納めた人に原則65歳から支給が開始されたものをいいます。

 自営業の場合国民年金で、20歳から40年間満額を納めると年間約77万円、月額約6万4千円です。

 会社員の場合厚生年金で、20歳から40年間満額を納めると、年104万4千円、国民年金を加えると181万7千円、月額約15万円です。

 配偶者がいれば、配偶者の国民年金額を加えて、年間約259万円、月額約21万円です。

 共済年金の場合は、「職域加算」などがあり、計算方法は同じでも、およそ2割増の金額が支払われてきました。

 ただし、平成27年10月以降から厚生年金と共済年金が一本化され、共済年金の掛け金率が大幅にアップ(18、3%)となり、職域加算は退職給付として形を変え、年金の3階部分はなくなり、全て国民年金と厚生年金の2階建てとなりました。

 高齢者の生活基盤として、お金(年金)は大切なことに違いありませんが、その価値をいかに有効に使うか、そして生きがいと、健康に結びつけるかが問題です。

 生きていることに感じるはりあい、充実感、それらをもたらす具体的行動が必要で、社会参加の積極的な姿勢や態度が肝要だと思います。


 
》記事一覧表示

新着順:6/47 《前のページ | 次のページ》
/47